app

ADHD児童には、親しく接することができる美術治療プログラムが必要です。

app

小学校以下の児童に最も頻繁に現れる疾患の中の一つで約3~4%の児童がこの疾患を抱えていると報告されています。

ADHD児童は衝動的な行動、不節制、過多行動が現れ、細かい運動のスキルがなかったり、学習障害を見せ情緒的に不安な様子を見せます。

集中時間が短く一つに集中できず、軽い刺激にもすぐ注意散漫な特徴を持っている。授業時間に教室を回ったり、周りの友達を絶えずいじめたり、話しかけるなどの行動をするので幼稚園や学校生活に適応できない特徴を持っています。

ADHD児童のためのアルテイ美術プログラムは、次のような効果があります。
adhd arttei A. 人間関係の回復
生活不適応によって世界との断絶回復に多く役立ち、美術治療を通し手で何かを表現する能力を養うため、他人との関係と不適応の回復に役立ちます。
adhd arttei B. 注意力の集中及び衝動の抑制
美術治療を通し注意力を集中させ、過剰行動を矯正するとができます。
内面の欲求不満を解消する役割を通し、衝動性を抑制します。
adhd arttei C. 認知と創造力の発達
事件と私物に対する概念が確実になり、大脳が組織的で体系的に認識するようになります。
児童が生活の中で又は、自然と接する中で自分自身の立場から経験したものを実際的に表現する過程で認知能力が発達し、想像力が強化します。